aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/plugins/smart-update-pinger/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> Googleをもっと便利に使いこなす32の検索技と14のネタ
このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Googleをもっと便利に使いこなす32の検索技と14のネタ

アーカイブ:2012年08月09日  カテゴリーその他  タグ  タグ:この記事は8分程で読めます。

Googleをもっと便利に使いこなす32の検索技と14のネタ

先日Evernoteを整理していたら、適当にメモされたGoogleの便利な検索機能がいくつもありましたので、今日はそれをまとめておこうと思います(暇なので)。あと小ネタもいくつかありましたので、ついでにそれもまとめちゃいます。こうして改めてまとめてみると「Googleってやっぱ便利だなー」と惚れ直しました。今日紹介する検索技などを使用して、皆さんももっと便利にgoogleを使いこなしちゃってください!

ちなみに左のアイキャッチは、2012年4月24日のgoogleTOPページです。4月24日はファスナーを現在の形に仕上げたギデオン・サンドバックさんの誕生日のため、googleのTOPページがこのユニークなロゴになったようです。

Googleの検索演算子15

link:指定したページの被リンクを表示


使い方:[link:http://www.google.co.jp/]
補足:対象ページに対してリンクを張っているサイトの中からサンプルとしていくつかのリンクが表示されます。

site:指定したドメイン内にあるページを表示


使い方:[site:google.co.jp]

site:指定したサイト内にあるキーワード検索


使い方:[site:google.co.jp キーワード]
補足:あまり使えませんが一応紹介しておきます(サイト内検索機能風)。

cache:指定したURLのキャッシュを表示


使い方:[cache:http://www.google.co.jp/]
補足:ページが何らかのトラブルなどで見れないとき、このcacheコマンドを使うと見れることがあります。

related:指定したURLとサイトテーマが似た関連ページを検索


使い方:[related:http://www.google.co.jp/]

info:指定したサイトの情報を表示


使い方:[info:www.google.co.jp/]
補足:キャッシュ、関連したページ、リンクしているページ、含むページなど指定サイトの情報へのリンクが表示されます。

filetype:ファイルタイプを指定してキーワードを検索


使い方:[filetype:pdf キーワード]
補足:pdf・doc・pptなど、さまざまなファイルタイプを指定して検索できます。

intitle:ページタイトルにキーワードを含むページを検索


使い方:[intitle:キーワード]

allintitle:ページタイトルにキーワードを含むページを検索(複合キーワード)


使い方:[allintitle:キーワード1 キーワード2] 

intext:<body>~</body>の間に記述されたキーワードの検索


使い方:[intext:キーワード]

allintext:<body>~</body>の間に記述されたキーワードの検索(複合キーワード)


使い方:[allintext:キーワード1 キーワード2] 

inurl:URL又はページ内に含まれるキーワードを検索


使い方:[inurl:キーワード]

allinurl:URLに含まれるキーワードのみ検索


使い方:[allinurl:キーワード]
補足:上記のように使えば、さまざまなサイトの企業情報ページだけを調べたいときに便利です。

inanchor:特定のキーワードのリンクを含むページを検索


使い方:[inanchor:キーワード]
補足:<a href=”" >ここ</a>に記述されたキーワードの検索。

allinanchor:特定のキーワードのリンクを含むページを検索(複合キーワード)


使い方:[allinanchor:キーワード1 キーワード2]
補足:<a href=”" >ここ</a>に記述されたキーワードの検索。

Googleの便利検索機能17

電卓機能「+-*/=」


例:「(5+ 86.34)*18=」

現地時間検索機能


例:「時間 トロント」

天気検索機能


例:「天気 渋谷」 

試合結果検索機能


例:「千葉ロッテマリーンズ」

郵便番号検索機能


例:「郵便番号 千葉県船橋市東町」

株価検索機能


例:「株価 トヨタ自動車」

単位変換機能


例:「大さじ3をcc」「1000円を米ドル」

上映中映画検索機能


例:「映画 新宿」

路線ルート検索機能


例:「京都から大阪」

辞書機能


例:「define スイカ」

荷物追跡機能


例:「ヤマト 303065653262」

日の出・日の入検索機能


例:「日の出 札幌」

特定のキーワードを除外機能「-」

例:「ソーシャルネットワーク -映画」
補足:ソーシャルネットワークのことを調べたいけど、映画の情報は除外したい時、例のように「ソーシャルネットワーク -映画」と検索すると便利です。

範囲の指定機能「..」

例:「オリンピック 1960..1980」
補足:数字の間に「..」(ピリオド2つ)を使うと、検索結果の数字範囲を絞ることができます。例の場合1960年から1980年までに行われたオリンピックに関する検索結果が主に表示されます。

完全一致語句検索機能「”"」

例:「”生きるべきか死ぬべきか”」
補足:例えば「Love Song」と検索ボックスに入力すると「Love」「Song」の両方の検索キーワードを含むページが表示されますが「”Love Song”」と入力すれば「Love Song」と、そのままの語順を含むページが検索できます。

どんな文だったか忘れた時に使える機能「*」

例:「富士山の高さは*メートル」
補足:この「*(アスタリスク)」は「何々は何々だ」の「何々」に当たる部分を表します。たとえば「Yahoo」について調べたいときに「ya」まではわかるけどその後なんだっけ?となった場合「Ya***」のように検索することができます。

パーソナライズ検索を無効化

例:「&pws=0」
補足:「https://www.google.co.jp/search?q=web&aq=f&sugexp=chrome,mod=7&sourceid=chrome&ie=UTF-8」というURLの後に「&pws=0」を入力して「https://www.google.co.jp/search?q=web&aq=f&sugexp=chrome,mod=7&sourceid=chrome&ie=UTF-8&pws=0」のようにすればパーソナライズ検索機能を無効化できます。

Googleの小ネタ14

斜め


「tilt」or「askew」と検索すると傾く

回転


「do a barrel roll」と検索すると回る

食べられる


「Zerg Rush」と検索するとゼロに食べられる

エラー


「999999..999999」と検索するとエラーになる

バイナリ


「binary」と検索すると検索結果数が0と1で表される

一番さびしい数字


「loneliest number」と検索すると電卓で答えを教えてくれる

人生、宇宙、すべての答え


「answer to life the universe and everything」と検索すると電卓で答えを教えてくれる

ごく稀な(ブルームーン)


「once in a blue moon」と検索すると電卓で答えを教えてくれる

ユニコーンの角の数


「the number of horns on a unicorn」と検索すると電卓で答えを教えてくれる

崩れる


ここにアクセスするとgoogleが崩れる

ひっくり返る


ここにアクセスするとGoogleがひっくり返る

集まる


ここにアクセスするとGoogleが集まる

ギター


ここにアクセスするとGoogleでギターが弾ける

パックマン


ここにアクセスするとGoogleでパックマンができる

最後に

なんだかキャプチャーばかりで、ごちゃごちゃしちゃいましたね。でも頑張ってキャプチャしたのに消すのも何なんで、このまま使わせてもらっちゃいました。あったほうがイメージは掴みやすいですしね。
昨日も今日もgoogleは面白いDoodleを提供してくれてます。8/9日現在のDoodle(カヌー)も遊べるロゴなので、暇なら是非遊んでみてください!カヌーは昨日のバスケよりも難しいですよ。

では、このへんで!


関連記事
この記事へのコメント
現在、この記事へのコメントはありません。
コメントをどうぞ

名前:(必須)

メールアドレス: (公開されません) (必須)

コメント本文:

この記事へのトラックバックとピンバック
トラックバックURL