aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/plugins/smart-update-pinger/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> SEO対策・旬なキーワードでアクセスアップを図る
このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

SEO対策・旬なキーワードでアクセスアップを図る

アーカイブ:2012年04月19日  カテゴリー内部SEO  タグ  タグ:この記事は4分程で読めます。

以前書いた[内部SEO対策の基本・キーワード選び]では、どのようにして自分のサイト内容に合ったキーワード(メインキーワード)を選んだらいいか。という内容だったんですが、今回の記事では、旬なキーワードの見つけ方と、旬なキーワードを利用したアクセスアップの方法を紹介させていただきます。
旬なキーワードからアクセスアップを図るには大きく分けて3つの方法があります。
1.話題の有名人の力 2.シーズンごとのニーズ 3.テレビ・メディアの話題
以上の3つです。まずは、1の有名人の力について紹介します。

有名人の力を利用してアクセスアップを図る

例えば、化粧品の紹介をするサイトの場合、紹介したい商品のCMに出ている有名人の名前を使わないより、使って商品ページを作ったほうが多くのアクセスを得られることがあります。
以前、石川遼君が、英会話のスピードラーニングのCMに出たとき、【スピードラーニング】という商品名ではなく、【石川遼 英会話】で検索する人がとても多くいたんです。

【有名人の名前+何らかのキーワード】で検索する人は沢山います。もちろん話題性のある有名人であればあるほど検索数は多くなるので、CMや映画・ドラマ・雑誌などに頻繁に顔を出す有名人はチェックし、利用できる場合利用するといいと思います!

シーズン別イベントを利用してアクセスアップを図る

以前、クライアントのお菓子屋さんに【予算別バレンタインチョコ&ケーキ】という特集ページを提案したことがあります。
内容は、今年のバレンタインの平均予算情報を掲載し、その情報を軸に、贅沢商品と平均予算商品とリーズナブル商品に分け、お勧めのケーキとチョコレートを紹介するという簡単なものです。
12月の末ごろに特集ページをオープンさせ、1月から多くのアクセスを獲得しました。もともと2月は多くのお客様が訪れ、年間でもっとも売り上げが出る月でしたが、この特集ページを用意した年は、過去一番の売り上げを記録させていただけました。
お菓子業界だけでなく、それぞれの業界や業種で需要が多く生まれる最盛期があると思います。このシーズンに向けてコンテンツを用意しておくことでアクセスアップを図ることができます。

簡単なイベントカレンダーを用意しましたので、参考までにどうぞ。

テレビの情報から旬な情報を利用してアクセスアップを図る

最近はインターネット機能が付いたテレビがあるほど、インターネットとテレビは密接に関わるようになっています。私はテレビで紹介された美味しそうなお菓子や、面白い機能の新商品など、すぐにネットで調べています。最近はこういう人がとても多いんじゃないでしょうか。
そこで、このテレビで紹介される情報を前もってリサーチし、そのテレビが放送される前にページをオープンさせておけば、放送後アクセスアップを図ることができるんです。具体的には、テレビガイドや、ネット上のテレビ欄などで情報を見つけるといいと思います。

また旬な情報を、ツールを使って調べる方法もあります。例えば、yahoo!検索ランキングというサイトの【急上昇ワードランキング】を見てみると、今実際に話題になっている出来事や人物・商品を見つけることができます。こういった情報を元にコンテンツを作ってみるものいいかもしれません。

最後に注意していただきたいのが、自分のサイト内容(テーマ)に関係の無いコンテンツを作っても意味がありません。
ゴルフ商品のECサイトで、バレンタイン特集ページを作ってもだれも見ないでしょ?(”でもちょっと斬新”) あくまでも自分のサイトに合った旬な情報を元にコンテンツを作ってください!

では、この辺で!


関連記事
この記事へのコメント
現在、この記事へのコメントはありません。
コメントをどうぞ

名前:(必須)

メールアドレス: (公開されません) (必須)

コメント本文:

この記事へのトラックバックとピンバック
現在、この記事へのトラックバックはありません。
トラックバックURL