aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/plugins/smart-update-pinger/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> 目的を達成させるための最適なWebサイトのタイプ(種類)
このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

目的を達成させるための最適なWebサイトのタイプ(種類)

アーカイブ:2012年07月26日  カテゴリーディレクターの知識  タグ  タグ:この記事は8分程で読めます。

目的を達成させるための最適なWebサイトのタイプ(種類)

先日[ホームページ成功への道はすべてここから始まる。目的・目標の明確化]を書かせて頂いたんですが、「目的が決まっても、目的を達成させるためにどんなWEBサイトを作ったらいいのかわからない」と読者の方から連絡をいただきましたので、今回は【目的を達成させるための最適なWebサイトのタイプ(種類)】を紹介したいと思います!

WEBサイトには多種多様な目的があり、その目的を叶えるためにさまざまなタイプのWEBサイトが存在します。今回はこれらをわかりやすく見比べられるように表にしてみました。新しくWEBサイトを作るときなどに参考にしてみてください。

WEBサイトの目的とタイプは生まれ続ける。

インターネット上には、さまざまなタイプのWEBサイトがあります。商品を直接販売するための「ECサイト」、会社情報を伝えるための「コーポレートサイト」、商品やサービスを認知してもらうための「プロモーションサイト」。このようにインターネット上にはさまざまなタイプのWEBサイトがありますが、これらは目的があるからこそ存在しているんです。
「WEBサイトを使って商品の売り上げを伸ばしたい」と考えた人がいたから、ECサイトが登場し「WEBサイトで将来の投資となる新入社員を獲得したい」と考えた人がいたからリクルートサイト(採用サイト)が生まれました。

きっとこれからも、さまざまな新しい目的が生まれ続け、それに伴いWEBサイトのタイプもどんどん増えていくでしょう。
例えば、技術の向上でサイトに表示された料理写真をクリックすると、その料理の香りがパソコンの前のユーザーに実際に伝えられる技術が誕生したとします。すると、きっと【ユーザーの食欲を増進・刺激させたい】という新しい目的が生まれ、それに伴い【スメルサイト】なんていう新しいタイプのWEBサイトが登場するかもしれません(なんかしっくりこない名前だな)。
そのためWebディレクターはWEB業界の最新技術や情報だけでなく、幅広く多くの業界業種の情報にアンテナを広げる必要があります。その中でWEBサイトで使えるものは積極的に取り入れ、応用できそうなものにはチャレンジすることが大切だと思います。

WEBサイトの目的とタイプ(種類)

ここではよくあるWEBサイトの目的と、その目的を叶えるためによく利用される最適なWEBサイトのタイプ(種類)を紹介いたします。ここで紹介しているものはあくまでも一例に過ぎませんので「絶対この組み合わせじゃなければならない」と考える必要はありません。企業によってはブランディングとECの2つの機能を兼ね備えたタイプのWEBサイトを作ったりすることもありますから。
クライアントの要望を伺い、組み合わせたほうがよければ、組み合わせ、シンプルに1つの機能で十分そうであれば、そうしてください。

基本的に1つの目的に対して、1つの主要なタイプを紹介していますが、中には大きな差のない主要なタイプが複数ある場合があります。その場合は2番目に主要だと思われるものに、()このカッコを使って記載させていただきました。また3番目以降は記載しません。

目的 種類 実例サイト
商品やサービスの認知度を向上させたい プロモーションサイト ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
資料請求・サンプル請求・お問い合わせを増やしたい プロモーションサイト(コーポレートサイト) 工学部第2部 | 工学院大学
ブランドイメージを向上させたい ブランディングサイト(コーポレートサイト) オロナイン公式サイト|大塚製薬
他社との差別化を図りたい ブランディングサイト 横山精肉店 | 岐阜 和牛 飛騨牛
商品やサービスの売り上げを伸ばしたい ECサイト(プロモーションサイト) JJmode
来店客を増やしたい 店舗サイト たつき家 – ラーメン店|大分市【公式サイト】
広告で収入が得たい ポータルサイト(ブログサイト) Yahoo! JAPAN
サービスや情報を提供したい ポータルサイト(ブログサイト) 楽天が運営するポータルサイト : 【インフォシーク】Infoseek
自分の考えをまとめ伝えたい ブログサイト バンクーバーのうぇぶ屋
お客さんに親近感を感じてもらいたい ブログサイト(SNSサイト) [公式]日本コカ・コーラ 広報ブログ
多くの顧客情報を得たい SNSサイト Facebook
コミュニケーションがとりたい SNSサイト(ブログサイト) ソーシャル・ネットワーキング サービス [mixi(ミクシィ)]
会社の情報を伝えたい コーポレートサイト 京セラ株式会社
新入社員を獲得したい リクルートサイト(コーポレートサイト) ソフトバンクグループ2013新卒採用
作品集・実績を公開したい ポートフォリオサイト(コーポレートサイト) Web Creator Mana ::: Online Design Portfolio
お問い合わせ数を減らしたい サポートサイト auお客さまサポート
社内での情報の共有したい イントラサイト なし
社内での連絡ツールを作りたい イントラサイト(SNSサイト) なし

このほかにも「こんな目的もあるよ!」とか「こんな種類のWEBサイトがあるよ!」「実はこうやって使うのも効果的だよ」という情報があれば、ぜひ教えてください。

※イントラサイトの実例は社内限定で公開されているものなので、さすがに用意できませんでした。

間違った提案を行わないために

目的を明確にすることは非常に大切なことで、これを明確にしないままWEBサイトの提案を行っても、クライアントは納得してくれません。
例えば何らかの商品を作っている企業から「もっと利益を上げたいから新しいサイトを作りたい」と依頼を受けたとします。このとき、クライアントが実はブランドの価値を高めて利益に繋げたいと考えていたとしても、ヒアリングを十分に行わずにそのことを聞き出すことができなければ「売り上げを伸ばすためにECサイトを作りましょう」と見当違いな提案を行ってしまいます(ちょっと大げさな例ですが)。

もちろんこの2つはどちらも利益を上げるという最終的な目的を叶えることはできます。ですが、どのように利益につなげるのかと言う点は大きく違います。このクライアントの場合、商品の売上げを単純に増やすことが目的ではなく、ブランド価値を高め、他のブランドとの差別化を図り、他社との違いをお客様に知ってもらうことで利益に繋げたいと考えていたんです。そのため、どんなに優れたECサイトを提案したとしても、きっとクライアントは振り向いてくれないでしょう。

クライアントの中には、明確な目的を持っていたとしても、ヒアリングの時にその目的を話すことを忘れていたり、目標を伝えるだけで十分だと考えていたり、話さずとも伝わっていると勘違いしている場合があります。また明確なビジョンを持っているクライアントの場合、【早く形にしたい】という思いから、すぐ制作に取り掛かってほしいと考え、ヒアリング不足になることもまれにあります。ディレクターはこの点にも注意をしてヒアリングを行うことが必要です。
ただ、中にはクライアントから実際に目的を伺わなくとも、気持ちをくみ取って理解してしまう優秀なディレクターさんもいるらしいんですよね。すごい人ってやっぱりすごいですね(当たり前)。

では、この辺で!


関連記事
この記事へのコメント
現在、この記事へのコメントはありません。
コメントをどうぞ

名前:(必須)

メールアドレス: (公開されません) (必須)

コメント本文:

この記事へのトラックバックとピンバック
トラックバックURL