aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/plugins/smart-update-pinger/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> SEO対策・見落としがちなキーワードでアクセスアップ!
このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

SEO対策・見落としがちなキーワードでアクセスアップ!

アーカイブ:2012年04月20日  カテゴリー内部SEO  タグ   タグ:この記事は4分程で読めます。

見落としがちなキーワードでアクセスアップを狙う!のイメージ

私はインターネットで商品を購入する時、時間をかけて比較検討をしてから購入します。私の場合その比較検討の最終段階として、同じ商品同士で比較をします。具体的にどういう事かというと、例えば電動歯ブラシを探している場合、ソニッケアーやドルツ・オーラルBなどの数ある商品から、『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン』という商品が気に入ったとします。
そしてその気に入った商品の商品名で商品を探すのではなく、品番(この場合HX9333)で検索エンジンや楽天で商品を探すんです。そして価格や送料・店ごとのサービスなどの比較をしてから商品を買う店を決めます。

この時、品番を記載していなかったサイトはどうなるでしょうか?せっかく送料無料であったり、他店より保障期間が長くても、残念ながら私はそこで商品を買うことができません。
このように品番を掲載しなかったがために、『買おう!』と強く思っている人を取りこぼしてしまっているサイトは多くあります。そこで今回は見落としがちな成果につながるキーワードの利用方法を紹介したいと思います。

品番・型番を記載する。

冒頭で紹介した例のように、買う意識の強い人は、品番や型番で商品を探すことがあります。
商品は取り扱っているのに、型番を記載していなかっただけで、買う意識が強い人を取りこぼしてしまうなんて、とってももったいない事です。
実際の店舗の場合、購入したいと強く思っている人に商品を売ることができなければ、きっと上司に怒られてしまうでしょう。そんなことにならないためにも、品番・型番はきちんと掲載しておきましょう!

商品スペックは必ず記載する。

皆さんはテレビを買う時、画面サイズを基準にして商品を探しませんか?そして、価格や性能を比較検討して購入に至ると思います。ということは、検索エンジンで検索するユーザーも【42インチ 液晶テレビ】などと検索するのではないでしょうか。
デジタルカメラであれば【1000万画素 デジカメ】などと検索されると思います。
商品には素材や重量などのスペックが存在しますが、その中でも、より人が検索するであろう重要なスペックを見つけだし、そのスペック情報にはSTRONGタグを使ったり、ページタイトルに入れたりすればアクセスアップにつながります。

略称も掲載しよう

マックやケンタ・ファミマなど、正式名称と同じように知られている略称や、コアなファンしか知らない音楽グループの略称などでも、ユーザーは検索をしています。
例えばブログタイトルを『ファミリーマートの今春のデザートは?』というタイトルから『ファミリーマート(ファミマ)の今春のデザートは?』というブログタイトルにするだけで、ファミマという略称で検索したユーザーの獲得につながります。
キーワードを分散させてしまうのは、SEO的に良くありませんが、略称の場合はアクセスアップにつながる場合が多いので、キーワードツールなどを使用し、アクセスアップが見込めそうであれば、積極的に使用してみましょう!

またキーワードツールなどを使用し、『ファミリーマート』というキーワードでは上位表示が難しいと判断されれば(試した結果上位に表示されなかった場合も)、『ファミマの今春のデザートは?』と、することも1つの手です!

複合キーワードを利用する

買い物を目的としているユーザーや、何らかのサービスに申し込もうと考えているユーザーの多くは、商品名やサービス名と一緒に複合語を使って検索することがあります。

予約・通販・買取・レンタル・申し込みなどの、複合語を利用して商品やサービスを検索するユーザーは、購入意欲が強い傾向にあります。
こういったユーザーを獲得するために、複合語を上手にタイトルやページ内に記載しましょう!特に【送料無料】というキーワードはもっとも効果のある複合語といわれています。商品の価格を下げるよりも、送料無料にするほうがコンバージョン率が上がる場合があるほどです。

ユーザーがどのように自社の商品やサービスを探しているか想像し、また調査をして、上手に複合語を使いましょう!
購入意欲の強いユーザーを呼び込めれば、おのずとコンバージョン率が上がってきます。不特定多数のユーザーの獲得のためのSEO対策よりも、購入意欲の強いユーザーの獲得のためのSEO対策のほうが、簡単に売り上げにつなげられます!


関連記事
この記事へのコメント
現在、この記事へのコメントはありません。
コメントをどうぞ

名前:(必須)

メールアドレス: (公開されません) (必須)

コメント本文:

この記事へのトラックバックとピンバック
現在、この記事へのトラックバックはありません。
トラックバックURL